2005年11月30日

アンソニー・ロビンズはいい!

お薦め洋書です。
彼の言葉はやっぱりいい。
ちょっと英語に自信があって、彼に興味がある人なら、
高校生や大学生でも読めると思う。

posted by mewlas at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

そんなところにも広告

人気blogランキングへ
↑先ほどは47位でした。がんばれ!今は何位?


日本でも最近はエスカレーターの手すりに広告があったり、
電車の車体に広告してあったり、
これでもかっっていうくらい
いろんなところを広告スペースにしていて、
すごいなー、
と思う。

だけどこのアイディアはまだ日本にはないんじゃないかな。

パーキングスペースの「白線」を広告スペースにしてしまう、
というもの。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.parkingstripe.com/index.htm

なるほどー。
ちょっとおもしろい。

product3.jpg
posted by mewlas at 13:13| Comment(1) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

ビル・ゲイツのスピーチ(2)

人気blogランキングへ
↑がんばれ、さっき40位。今は何位?


またビル・ゲイツのスピーチを発見。

これはマイクロソフトのオフィシャルページ。

彼のスピーチが大量に公開してある。
http://www.microsoft.com/events/executives/billgates.mspx
bill1.jpg

こういう形で企業のトップがメッセージを発信していくやり方、
っていうのは日本でももっと増えていくんだろうな。

スティーブ・ジョブスに比べたら、
ビル・ゲイツのスピーチにはリズムやワクワク感がないけど、
それでもここまでのスピーチをできる
日本の企業トップって今はいないんじゃないかな。

ソフトバンクの孫正義氏は上手だと思うけど、
「うますぎる」感じがする。

ブログもそうだし、
これからのマーケティングの大きな流れは、
「トップとお客さんの距離をいかに縮めるか」
というところに、大切なフォーカスが行くのは
多分間違いないだろう。
posted by mewlas at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

ビル・ゲイツのスピーチ

人気blogランキングへ
↑ちょっと下がって、37位。がんばれ!今は何位?


3回もスティーブ・ジョブスのスピーチを紹介したから、
そうしたらやっぱりこの人も。

ひとつウェブ上で見れるスピーチを発見しました

残念ながら日本語訳はないけど、
英語のトランスクリプトはあり。

まあ、とりあえず雰囲気だけでも、
感じてみるといいと思います。

もしかすると「動くビルゲイツ」をはじめて見る人もいるかも。

ここをクリック。
posted by mewlas at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

新ブログ!

人気blogランキングへ
↑また、じわじわ上昇。先ほどは36位でした。今は何位?


新ブログスタート!

題して『人生を変える英語の「いいコトバ」』

いい日本語はいい人間を育てる。

同じようにいい英語をインプットすれば、
いい英語を使える人間力も育つ。

英語力をアップし、人間力もアップする強力学習法!を提供するブログ。

1日1分であなたの中に素敵な英語力が育つ!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://thekakugen.seesaa.net/
posted by mewlas at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

ロバート・キヨサキ曰く「ことばをまなべ!」

人気blogランキングへ
↑じりじりあがってきました。先ほどは38位でした。今は何位?



前にロバート・キヨサキ氏に会ったときに、
心に残った言葉。

それが
"Learn the language."
というセリフ。

これを繰り返し言っていた。

ここで彼は要するに
「不動産投資をするなら不動産投資家たちが使っている
 専門用語をきちんとおぼえて理解して使えるようにしなさい」
ということを言いたかったのだ。

その「ことば」を覚えることで、
彼らの意図するところや感情が
初めて生の情報としてわかる、
ということを言いたかったんじゃないかな、
と理解した。

これは日本語⇔英語でもきっと同じ。

たとえば海外の企業家が本当に考えていること、感じていることに
「近づきたい」と思えば、
できるなら「英語のまま」理解したほうがいい。

もちろん最初は辞書を引きながらでもかまわない。

手間も初めはかかるかもしれない。

でもそこから得られる情報は、
とてつもなく大きい


・・・ということで、
また最近自分の中で流行っているから
スティーブ・ジョブスに戻ってしまうけど、
彼のスタンフォードのスピーチは
絶対英語の音声を聞いたほうがいい。

最初ざわついている学生たちを
グッとひきつけていくユーモアセンスと、
最後に心にストレートに響く話のまとめ方、
などは日本語を読んでいるだけでは
全然わからないのだ



『洋書3ヶ月読破プロジェクト』では
「口コミを発生させる出版社」について書いてます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://eigodaigaku.seesaa.net/


posted by mewlas at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

スティーブ・ジョブスのスピーチ(3)

人気blogランキングへ
↑上がってきました。今見たら46位でした。応援お願いします!クリックすると一票入ります。


steve1.jpg


前々回のブログで紹介した、
スティーブ・ジョブスのマックワールドでのスピーチ。

内容を英文に起こしたページを発見したので、
紹介します。

こちら

すごく面白いですよ。

英語ちょっと苦手でも、
挑戦してみることを、
強くお薦めします!


きっと「感じる」ものがあると思う。



「プロジェクト『L』」では
「ソフィー長岡教室のつくりかた」について力作を書きました。
教育に興味のある方はぜひ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://blog.livedoor.jp/mewla/
posted by mewlas at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

スティーブ・ジョブスのスピーチ(2)

人気blogランキングへ
↑先ほどは60位でした。今は何位?


実は1ヶ月ほど前、
友人にスティーブ・ジョブスのスピーチを紹介された。

彼がアップルのCEOだということは知っていたけど、
それ以上のことはそんなに興味がなかった。

でも、読んでみて、
すごく感銘を受けた。

そしてその3日後、
メールマガジンの読者から
あるスピーチを私にぜひ読んで欲しい、
というメールが来た。

リンクを開いてみると、
その友人が紹介してくれたものと同じスピーチだった。

何か意味を感じたので、
ここで紹介したい。
http://blog.livedoor.jp/tomsatotechnology/


英語の原文はこちら
http://www.freerepublic.com/focus/f-chat/1422863/posts

英語の音声はこちらで手に入る。
http://www.wiredatom.com/jobs_stanford_speech/

ただ、この音声はマッキントッシュだと
簡単にダウンロードできるのだが、
ウィンドウズではうまくいかないようなので、
ウィンドウズでも落とせる形式にしたものもこちらに置いておきます。



じっくり聞いてみてください。
(最初の2分半はジョブスの紹介。その後彼のスピーチが始まります)

いいスピーチです。
posted by mewlas at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

スティーブ・ジョブスのスピーチ

人気blogランキングへ
↑先ほどは60位でした。今は何位?



アップルのCEO、スティーブ・ジョブス氏は
スピーチがうまいことで有名。

毎年一回2時間の基調講演で喋りまくり
聞き手を楽しませ、そして驚かせる。
(2005年のスピーチはこちらで見れます↓
 http://www.apple.com/quicktime/qtv/mwsf05/ )

steve1.jpg

この人はこの2時間で、
「どうやってみんなを驚かせよう?」
って考えながら、それをやりがいにして一年間仕事しているんじゃないか、
とすら思えてしまう。

実際に社長でありながらアップル社からは給料を
年間1ドルしかもらっていないらしい。
(2000年現在→ http://www.president.co.jp/pre/20000320/02.html )


今、「経営者英語大学」の正規講座
http://www.execueng.co.jp/
で取り扱っている本の中でも書いてあるのだが、
多くの人に支持される会社は
"cause"(大義=社会性を持った存在・行動理由)
をしっかりと持っている。


アップル社はコンピューターを通じて人間の生活を豊かにする、
という大義をしっかり持っている。

そしてそれをメディアの前に出て力強く伝えられるCEOがいる。



マーケティングって結局は
「メッセージを伝えること」だ。

だからそもそも
「自分はどんなメッセージを誰に伝えたいのか?」
がないと始まらない。

それがしっかりしていないのに、
一生懸命細かい手法やテクニックを学んでも、
少なくともすぐには役立たない。

もちろん先に手法を学んでもいいけれど、
それで終わってもどこへも行けない。

ジェット機を持っていても、
どこへ行きたいのかわからなかったら、
どこにも着かないのと同じ。


このスティーブ・ジョブスのスピーチを聞いていて
つくづくそう思った。

英語はわからなくても、
情熱は伝わってくるので、
ちょっと聞いてみることをオススメします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.apple.com/quicktime/qtv/mwsf05
posted by mewlas at 17:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

NBAを変えるチームオーナー

人気blogランキングへ
↑クリックするとランクが上がっていく仕組みになっています。応援クリックお願いします!


昨日紹介したアメリカプロバスケットボールチーム
ダラス・マーベリックスのオーナー、
マーク・キューバン氏。

何度か日本のメディアでも取り上げられているから
彼の名前を聞いたり見たりしたことがあるかもしれない。


IT系の会社を作り、
財をなし、
そのお金でバスケットボールチームを購入。

最近はアメリカのテレビ会社ABCと手を結び、
インターネット以外のメディアにも進出し始めている。


なんとなく日本のどこかの会社に
似ている気がしますねー。


でも、決定的に違う点がある。

それはマーク・キューバン氏は
「バスケット・ボールが大好き」
ということ。

別に野球なんてすきでもない。
愛情も何もない。

だけど宣伝効果を考えて、ビジネスとして球団を買う。

そういう人とは違う。


彼はほぼ毎試合、マーベリックスの試合を観戦に行く。

そして選手に声をかけたり、
時には審判を怒鳴りつけられたり、
それでコミッショナーから罰金を払わされたりしている。

だけど、悪びれる様子もない。

彼いわく
「別にコミッショナーは怖くない。
 だって自分はコミッショナーのためにこの仕事をしているわけではなく、
 NBAをよりよくするため、選手のため、
 そしてファンのためにやっているのだから。」


まあ、彼についてはアメリカでもいろいろな意見があるようだが、
実際にチームは以前よりもいい成績を収めるようになり、
収益も上がったそうだ。

すごい。

cuban1.jpg


『洋書3ヶ月読破プロジェクト』では
「ブレーンストーミングのツール購入!」について書いてます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://eigodaigaku.seesaa.net/
posted by mewlas at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

プロバスケオーナーのブログ

人気blogランキングへ
↑応援クリックお願いします!さっきは70位くらい。今は何位?



今日紹介するのは
アメリカプロバスケNBAのチーム

ダラス・マーベリックスのオーナー、マーク・キューバン氏のブログ。

また後でいろいろこの人やこのチームについては話をするとして、
とにかく一目このページを見てほしい。

スポーツチームのオーナーが
これだけほぼ毎日のように
そのチームに関する出来事を書いているなんて、
すごいことだ。

そんなオーナーが日本のプロ野球にいれば、
ホントに変わるかもしれない、
と思えてくる。

http://www.blogmaverick.com/

cuban1.jpg
posted by mewlas at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

ミッションとブランド(2)

人気blogランキングへ
↑ちょっとランキングが下がってきているので応援クリックお願いします!


whole1.jpg

確固としたブランドを確立している
"Whole Foods"を考えるシリーズ2回目。

Whole Foodsは小売業。
そしてお客さんに直接触れるのは
ひとりひとりの従業員。

だからブランド作りには彼らが「心地よく働ける環境」が
不可欠ですよね。

それについて書いてある部分を抜粋し、
講義した「シークレットバージョン」を紹介します。


こちらをクリック!
posted by mewlas at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。