2006年02月24日

教室のスタイルについて(2)

人気blogランキングへ
↑今日も応援クリックお願いします!!




現在、メール講義の受講者を中心に
第二回のアンケートを実施中。

その中のコメントで
とても多かったのが
「個別にカリキュラムを組むのは学習上はいいけれど、
 知的刺激を与えてくれる仲間を得るためには
 物足りないかも」
というものでした。

そうですよねー。


そこで、この「個別」と「仲間づくり」が
相反しないように、
個別で進めるものの、
学習開始時間と終了時間は、
全員で同じにして、
最初と最後に全体で輪になってシェアリングをする

ということを考えています。


これは学習塾「ソフィー長岡教室」で
実験を重ねているものですが、
一見矛盾する「個別」と「仲間づくり」を
自然に成立させてくれる効果が
でています。
posted by mewlas at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京に教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13701994
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。