2006年02月28日

「行動する」ことについて

人気blogランキングへ
↑今日も応援クリックお願いします!!



「行動するための洋書塾」について
アンケートで多かった質問のもうひとつは
「どうやって行動を刺激するか、が難しいのでは」というもの。

もちろんやってみないとわからないのですが、
これについては現在次のように考えています。

(1)そもそも「行動するための・・・」とうたうことによって
   「行動したい」と思っている人に集まってもらう。


     行動したくない、という人を無理やり行動させる、
     なんてことは難しいですし、したくはありません。
     本人の意志に沿わないことを強要したりするような
     場所は作りません。

(2)コーチングの手法を積極的に取り入れる

     学習塾を8年前に開校して以来、「コーチング」という言葉は
     知らなかったものの、やり方としてはそういう形で
     ずっと生徒にアプローチをしてきて、現在までで大きな成果をあげています。

     この洋書塾でもコーチングのスキルを積極的に取り入れ、
     本人が自ら行動しやすいサポートをしたいと思っています。

(3)「場」をつくる

     「場」の力って多くの人が思っている以上に大きいです。
     学習塾をやってきて、すごくそれを感じます。
     いい「場」が一度できると、それに引きづられてほかの生徒の成績も伸びる。
     そんなことが実際に起こります。

     「行動したい」と思っている人が集まり、出会う場を作ることによって
     無理にやる気を奮い立たせなくても、自然に力がわいてくる、
     ということが起こりやすくなるんじゃないか、と考えています。



目標を明確にするための具体的方法について!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://blog.livedoor.jp/mewla
  
posted by mewlas at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京に教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。