2006年04月01日

第3回実験塾終了

人気blogランキングへ
↑応援クリックお願いします!!



飯田橋の桜はほぼ満開。

長岡は雪だったから
コントラストがすごい。

iida.jpg


さて、本日は「行動するための洋書塾」、
第三回目の実験塾(最終回)を
開催しました。


いやあ、自分で言うのもなんだけど、
よかった。

一回目は混乱したけど、
二回目にその学びから、いい形ができて
三回目はさらに良くなってきた。

写真はその中の一場面。

yj.jpg

期待はしていたけど、
複数の仲間でサポートしあいながら読む、
ということが
これほどの相乗効果を生むとは
予想以上だった。

「洋書の読み方を教えてほしい、と思ってきたけど、
 途中から内容を読むことに興味が行って、
 英語で読んでいることすら忘れていた。」
というコメントをかなり頂いた。

そうそう!

英語と日本語の境がなくなること。
そういう意識になることがすごく重要。

たまたま興味のある情報が英語だったり、
たまたま日本語だったりする、
ということだけなのだ。


参加者の感想や意見なども
あとでアップします。
posted by mewlas at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京に教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。