2005年11月04日

ミッションとブランド(2)

人気blogランキングへ
↑ちょっとランキングが下がってきているので応援クリックお願いします!


whole1.jpg

確固としたブランドを確立している
"Whole Foods"を考えるシリーズ2回目。

Whole Foodsは小売業。
そしてお客さんに直接触れるのは
ひとりひとりの従業員。

だからブランド作りには彼らが「心地よく働ける環境」が
不可欠ですよね。

それについて書いてある部分を抜粋し、
講義した「シークレットバージョン」を紹介します。


----------------------------------------------------------------------
経営者英語大学 メール講義 シークレットバージョン 20時間目。
----------------------------------------------------------------------

こんにちは。
経営者英語大学の三浦です。
.............................

前回、"Whole Foods"という会社の
「ミッション」を読んでみました。
http://www.wholefoods.com/
.............................

「非常に面白かった」というメールをいくつか頂きました。
ありがとうございます。
.............................

こういう「哲学」を持った会社というのが
今の世の中に求められているのかなあ、という気がします。
.............................

前回の好評に気をよくして、
今回から2回続けてミッションの
「社員に対する考え方」
を書き記している部分を読んで行こうと思います。
.............................

非常にいい文章です。

まずは原文から読んでみましょう。

----------------------------------------------------------------------

We Support Team Member Excellence and Happiness

Our Success is also dependent upon the collective energy
and intelligence of all our Team Members.

In addition to receiving fair wages and benefits,
belief in the value of our work and finding fulfillment from our jobs
is a key reason we are part of Whole Foods Market.

Therefore, we design and promote safe work environments
where motivated Team Members can flourish and reach their highest potential.

And no matter how long a person has worked or plans to work with us,
each and every Team Member is valued contributor.


( http://www.wholefoods.com/company/declaration.html より抜粋)

----------------------------------------------------------------------

この中で一番私が好きなのは、
二つ目の文に出てくる
"the collective energy and intelligence"
という表現。
.............................

"collective"は「集合的な」という意味ですね。
直訳は「集合的なエネルギーと知性」となります。
.............................

「会社で働いている人全員の間から生まれてくるエネルギーや知性」
をこれで表現しているのだと思います。
.............................

経営陣だけの判断に基づくトップダウンで
マネージメントをするのではなく、
現場の考えやエネルギーを大切にしよう、
という考え方がうかがい知れます。
.............................

もう少し詳しく読んでみますね。

----------------------------------------------------------------------

【1】We Support Team Member Excellence and Happiness
  /私たちはチームメンバーの優秀さと幸せをサポートします/

【2】Our Success is also dependent upon /私たちの成功はまた〜にも依っています/
  the collective energy and intelligence
  /集団のエネルギーそして知性/
  of all our Team Members. /私たちのチームメンバーすべての/

【3】In addition to receiving fair wages and benefits,
  /公正な賃金や利益の受取に加え/
  belief in the value of our work
  /自分たちの仕事の価値を信じること/
  and finding fulfillment from our jobs is
  /そして自分たちの仕事の中から充実感を見出すことが/
  a key reason /主な理由です/
  we are part of Whole Foods Market.
  /ホールフーズマーケットの一員であることの/

【4】Therefore, /ですから/
  we design and promote /私たちは設計し、促進しています/
  safe work environments /安全な仕事環境を/
  where motivated Team Members can flourish
  /やる気のあるチームメンバーが活躍できるような/
  and reach their highest potential.
  /そして最も高い可能性に達することができるような/

【5】And no matter how long /長さに関係なく/
  a person has worked /どれだけ長く働いていようが/
  or plans to work with us, /または働こうと思っていようが/
  each and every Team Member is valued contributor.
  /それぞれの、そして全てのチームメンバーは大切にされるべき貢献者なのです/

----------------------------------------------------------------------

チェックしたい表現をみてみましょう。
.............................

まず【5】の"no matter how"という表現。
「たとえ〜だとしても」という言い方ですよね。

感情を込めて使うことが多いです。
.............................

自分の言いたいことを相手にストレートにぶつけるときに
使ってみたい表現ですね。
.............................

もうひとつ【3】の"fulfillment"。

これは私が好きな英単語のひとつ。
.............................

「実現」「成就」や「充足」「満足」
などという日本語が当てられています。
.............................

ただ、、実際の語感としては
「充足感を伴った自己実現」
という感じだと思います。
.............................

"ful-"「満タンに」"fill"「満たす」。
.............................

要するに心の奥底から出てきた欲求が
あふれ出てきて、実行して、
現実化して、なんともいえない満足感に満たされる。
.............................

そんな感じがこの"fulfillment"という単語にはあります。
.............................

だから上司に命令されていやいや実行して実現したことは
"fulfillment"ではありません。

満足が伴わないといけないんですね。
.............................

このあたりの表現を頭に入れながら
もう一度原文を読んでみましょう。

----------------------------------------------------------------------

【1】We Support Team Member Excellence and Happiness

【2】Our Success is also dependent upon the collective energy
  and intelligence of all our Team Members.

【3】In addition to receiving fair wages and benefits,
  belief in the value of our work and finding fulfillment from our jobs
  is a key reason we are part of Whole Foods Market.

【4】Therefore, we design and promote safe work environments
  where motivated Team Members can flourish and reach their highest potential.

【5】And no matter how long a person has worked or plans to work with us,
  each and every Team Member is valued contributor.

----------------------------------------------------------------------

こういう「社員を大切にする」っていう考えかたって
極めて日本的だと思うんです。
.............................

なのにこういうWhole Foodsのような考えを持って
実践をしている小売業者って残念ながら見当たらない。
.............................

日本の小売業もこういうアメリカの会社の成功を目の当たりにして
マネする所が出てくるのかなあ。
.............................

日本のほうがこういう「理念」が
ぴったり根付きそうな気がします。
.............................

ただ、実店舗販売ではありませんが、
小売業として「理念」をしっかり持って
経営している会社がひとつあります。
.............................

それは「通販生活」で有名なカタログハウス。
http://www.cataloghouse.co.jp/
.............................

とても人間的な会社で私は好感を持っています。
.............................

どういう気持ちで会社を作ったのかなど、
社長の斎藤さんが書いた本がでています。
.............................

『なぜ通販で買うのですか?』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087202380/sophy-22
.............................

これは私が今まで読んだ本の中でトップ3に入る良著。
.............................

通販のノウハウを知りたい場合も、
単純に読み物として楽しみたい場合も、
どちらもオススメします。
.............................



      ソフィー・ザ・経営者英語大学
        三浦 哲(さとる)


posted by mewlas at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8958350
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。