2006年02月20日

キックオフミーティング決定!

人気blogランキングへ
↑応援クリックお願いします!!



「行動するための洋書塾」、
いよいよ動き始めます!

まずは3月に「実験塾」を開催することが決定。
全3回で行います。(詳細はあとで)

それに先駆けて
3月某日に「キックオフミーティング」を
行うことが決定。

これは7名程度のチームメンバーで
じっくりしっとり行いたいと思っています。

場所は神楽坂にある和可菜という
「物書き旅館」。

ここは山田洋次映画監督や作家の野坂昭如氏をはじめ、
著名な「物書き」たちがカンヅメになるために
やってくるという場所です。

本来は会議の目的などでは
決して使わせてもらえないのですが、
いろいろな縁がありまして、
特別に今回だけ
使わせていただくことになりました。

「ここでないと書けない」
という作家もいまだに多いという場所なので、
何か特別なアイディアがみんなの中から
沸いてくるのでは・・・
とちょっと期待しています。

いずれにしても、
このミーティングの成果については
またブログやメルマガでお知らせしていきます!

お楽しみに。
posted by mewlas at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京に教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

第一次アンケート集計結果

人気blogランキングへ
↑応援クリックお願いします!!



「行動するための洋書塾」についての
第一次アンケートの集計結果をご報告します。

アンケート内容はこちら。
http://mewlas.seesaa.net/article/12974680.html

第一次は「ソフィー・ザ・経営者英語大学」
http://www.execueng.co.jp
の塾生、および短期講座の受講生にお願いをしたものです。

非常に高い反応率でした。

PDF形式でまとめてあります。
ダウンロードはこちらからどうぞ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
アンケート集計結果.pdf


アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから出来ます。
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html
posted by mewlas at 10:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京に教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

21世紀版私塾

人気blogランキングへ
↑応援クリックお願いします!!


「行動するための洋書塾」について
よく考えてみれば、
「海外の本を読み、意見交換をし、行動をする」
って明治維新の頃の私塾とまったく同じではないか。

うーん。面白いかも。

21世紀版私塾、っていう感じになるのかな?

http://mewlas.seesaa.net/article/13233083.html
posted by mewlas at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京に教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

知識と体験

人気blogランキングへ
↑応援クリックお願いします!!



あともうひとつ、この教室のキモになるのが
「知識と体験」だと思っています。

洋書などから得た知識を
どう体験し、体で学ぶか。

このバランスを大切にしたいのです。

だからたとえば学んだことを
教室が空いている時間を使って
イベント的に実験してみるとか、
そういうことができたらいいなあ、
と話しています。

posted by mewlas at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京に教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

教室のスタイルについて

人気blogランキングへ
↑応援クリックお願いします。クリックすると順位が上がっていく仕組みです。



「洋書塾」の構想について、
まずもっとも大切な柱の部分をひとつ説明します。

「一斉授業」は原則的に行いません。

ひとりひとりがバラバラのテーマを持って
別々のものを読んだり、調べたり、まとめたり、考えたり、話し合ったり、
ということをします。
(その中で個別に読み方や英語自体を教えたりします)

これは長岡で私が経営している学習塾「ソフィー長岡教室」
と基本的に同じ形式。
(塾についてはこちらにいろいろ書いてあります 
 http://blog.livedoor.jp/mewla/ )

8年にわたり蓄積してきたノウハウを
この洋書塾の場合もそのまま応用できる、
と思っています。

(ちなみに「ソフィー長岡教室」は、いろんな意味で「すごい」です。
 成績はもちろん、いろんなところが「上がり」ます。)

ひとりひとり興味や目標、それから学習のタイプは違うので、
同じことをやっても面白くない、
って思うんですよね。


だからここは大事なキモになる部分だと思っています。



好きなものを見つける究極の方法
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://thekakugen.seesaa.net/
posted by mewlas at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京に教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

イメージ ブレスト

人気blogランキングへ
↑応援クリックお願いします。クリックすると順位が上がっていく仕組みです。



「行動するための洋書塾」について。

とりあえず今もっているイメージを
みんなでブレーンストーミングしてみました。

ちょっと読みにくいかもしれないけど、
リストアップしてみます。

あとでゆっくり説明していきますね。

付け加えたいところなどあれば
自由にコメントしてください。

まだとりあえず出しているだけなので、
「可能かどうか」は考えない段階。
「数が多ければいい」という感じで
出してみてもらえるとうれしいです。





【ミッション・目的】
・洋書を読む、ということが難しいことではないことを体感してもらい
 「英語のカベ」を消してもらう。
・新しい知識を仕入れ、どんどん行動に移してもらう。
・行動的をする人たちが集まる「場」を通じてさまざまな人たちが出会い、
 新しいネットワークや発想が生まれるようにサポートする。
・単に洋書を読むスキルを教えるだけではなく、コーチング的に塾生にかかわることで
 ひとりひとりの「本当にやりたいこと」に近づけるようにサポートする。

【イメージ】
・20代後半から40代前半の男女が中心。(「気持ち年齢」がそのくらい、という意味)
・行動的な人たちが多い。
・コーチングを学ぶ人たちのスキルアップの場としても価値が高い場所。
・ボランティアスタッフによるサポート。
 (レベルアップした受講者の中から新しい受講者をサポートする人など、新聞作成など)
・毎月週末にイベントを行っている。
・さまざまな企画がそこから立ち上がり、実現している。
 (本の出版、新たな教室の立ち上げ、コーチングやカウンセリング関連の事業など)
・部屋の中には観葉植物がたくさん並び心地よい雰囲気。
・昼間は仲間が「レンタルオフィス」として使っている。
・無線LANの環境が整っていて、各自のパソコンが自由に使える。
・コーヒー、紅茶などが自由に飲める。(自動販売機?)
・短期コースなどの企画あり。会話のコース。
 マーケティングコース。アンソニーロビンズのコースなど。
・実際に何人かが集まって海外のセミナーへ参加したりしている。
・口コミで広がっている。
・場所は都内。雑居ビル。築10年。15万〜20万。
 大家さんが近くにいてやさしい。
 もしくはこの塾の趣旨に賛同してかなり安く貸してくれる方のところ。
・受講費用は週1コース2万5千円以内。
・毎日スタッフは3名程度。(アシスタント含む)
・通う曜日は自由に選択できる。振替可。
・インターネット上で振替などができる。
・週2コース、週1コース、月2コースがある。
・必要に応じて電話やスカイプで個人コーチングもしている。
・毎回最初と最後に全体でシェアリングタイム
・それぞれが個々のニーズに合わせた洋書を選び学習をばらばらに進める。



スターバックスのコーヒーセミナーに
参加しました!↓↓↓↓↓↓
http://blog.livedoor.jp/mewla/

posted by mewlas at 16:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 東京に教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

東京に「教室」を作ることを考えています。

人気blogランキングへ
↑応援クリックお願いします。クリックすると順位が上がっていく仕組みです。



こんにちは。
ソフィー・ジ・アカデミーの三浦哲です。

さて、これまでこのブログでは
「英語を使うことで手に入る日本にはない知識」
を紹介してきました。
................................

日本でまだ誰も知らない情報を
英語を使って誰よりも先に読み、
理解し、実践することは
とても刺激的なことです。
................................

そしてこのブログはその「おもしろさ」
を感じてもらうためのきっかけにできるのではないか、
と思っていつも書いています。
................................

しかし・・・
やっぱり「英語で情報を集める」ということは
最初はすごく「大きなカベ」のように感じると思います。
................................

ちょっとしたことで
そのカベが突然大きく感じられて
「もう自分には無理だ。」
と思えてしまうこともあると思うんです。
................................

多くの方が、きっとそういう経験を
したことがあるのではないか、
と思います。
................................

直接会って、ひとつひとつ私が質問したり、
アドバイスをしたりすれば、
ほとんどの場合自分で英語を使って情報収集できるようになる。

そういう自信はあります。
................................

「でも、直接会うわけではないのだから限界が・・・」

そう思って悩んでいました。
................................

でも何とかしたい。
もっと納得の行くサポートをしたい。

そう考えて解決策を模索し続けていました。
................................

そしてあるときふとひらめきました。

「じゃあ、直接会えるような場を作ればいいじゃん!」
................................

「直接会う場」を継続的に持つ、ということは
発想として浮かんできませんでした。
................................

でも、枠にとらわれる必要はない。
................................

もっとも納得の行くサポートができるような
手段をいくらでも考えていけばいい。
................................

そう考えると、実際に「教室」をつくることが
ベストのように感じられてきました。
................................

ここ1ヶ月くらい、いろいろ考え
たくさんの人に相談しましたが、
やっぱりこれが一番いい方法のような気がするのです。
................................

ですからまずは、いろいろな方々に意見を伺いながら
「実験教室」のようなものを作ってみようかな、
と思っています。
................................

そしてただ単に「英語の読み方の教室」ではなく
「英語で情報収集をして行動するための教室」
にしたいと考えています。
................................

そこでお願い。

以前メール講義をお読みの方に
簡単なアンケートにご協力いただきたいのです。
................................

このメールの下に添付されている質問にお答えの上、
mail@execueng.co.jp
までご返送いただけないでしょうか?
................................

社会が大きく動き変わっている今年、
本当に真剣に「学ぶ人」の立場に立って
いい場所を作りたいと思っています。

そしてよりよいものを
みなさんに提供していきたいと思っています。
................................

お忙しいところ恐縮ですが、
ご協力いただければ幸いです。


よろしくお願いいたします。



ソフィー・ジ・アカデミー
三浦 哲



アンケート
以下の質問にお答えの上、該当する項目だけを残し、
(それ以外を削除し)mail@execueng.co.jp
までご返信ください。


(1)もし職場もしくは自宅の近くに
   この「行動するための洋書教室」があったら
   通ってみたいと思いますか?

   (A)ぜひ通ってみたい 
   (B)もしかすると通うかも
   (C)おそらく通わない
   (D)まず通わない

(2)【(A)(B)の方だけお答えください】
   その教室にどれくらいの頻度で通いたいと思いますか?
   
   (A)週2回
   (B) 週1回
(C) 月1回
    (D) その他【具体的にお書きください:      】

(3)その他何かご質問・励まし・アイディア・ご意見などありましたら
   自由にお書きの上お送りください!


posted by mewlas at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京に教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。